Are religious doctrinal differences primarily responsible for stoking intercommunal fear and hatred? What roles have state, sub-state and transnational actors played in fomenting sectarian discord? And what could be done to avert sectarian violence, to foster tolerance and peaceful coexistence, and to promote reconciliation? The essays in this series tackle these and other salient questions pertaining to sectarianism in the MENA and Asia Pacific regions. Read more ...
 


Imagine the following scenario: On a peninsula with seven nation states, one has the highest per capita GDP in the world, and one is so poor that it relies on foreign aid from its wealthy neighbors to survive. The six wealthy states are ruled by family dynasties, and the poor neighbor is a republic, seeking a form of democracy after over three decades of authoritarian rule. All of the states have some level of oil and gas production, but the poor state earns the lowest profits, insufficient to meet its basic needs. In addition to the economic and political disparity, there is sectarian religious diversity. The six wealthy states are mostly part of the large Islamic umbrella known as Sunni, while the poor state has a significant Shi‘i population. All but one of these wealthy states start a bombing campaign against the poor state. The bombing destroys the limited infrastructure of the country, all known military installations, several schools, mosques, and historic sites, as well as many civilian buildings.  Casualties are mounting, and a total shutdown of the economy results. A naval blockade also prevents essential humanitarian aid from reaching the suffering people.

There is no need to imagine this scenario, as it has been Yemen's reality for over six months. The military campaign called Operation Decisive Storm pits Saudi Arabia and most of the GCC states, along with the United States, Britain, Egypt, Jordan, Pakistan, and several other minor players, against the Houthis in Yemen, which possess only moral support from the real target in this proxy war, Shi‘i Iran. How did such a lopsided war come about? Why has Yemen become the new battleground in a Sunni-Shi‘i fault line emerging as an ideological rival to the Cold War mentality that saw Soviet communism versus Western capitalism? What precisely is this sectarian crisis all about?

Yemen’s Historical Context

The modern nation state of the Republic of Yemen was born in May 1990 with the union of the northern Yemen Arab Republic (YAR) and the southern People’s Democratic Republic of Yemen (PDRY). Today, it has an estimated population of 26 million, with several million people currently displaced and numerous refugees outside the country. In 1962, a republican revolution in the north deposed the millennium-old Zaydi imamate with support from Egypt’s President Gamal Abdel Nasser. After the assassination of two of its early presidents, Colonel Ali Abdullah Saleh came to power and remained the de facto ruler until 2011, when he was replaced following Arab Spring protests. The south, especially the major port of Aden, became a British protectorate in 1839, but achieved its independence in 1967 as a socialist regime. Yemen’s geographical diversity, from a hot and dry coastal zone to the highest mountains on the Arabian Peninsula, has helped to impede unified political control of the entire area. Yet it has long been a strategic location, only 19 miles across from Djibouti at the narrow Bab el-Mandeb entrance to the Red Sea, which all ships using the Suez Canal pass through.

Yemen’s culture is as diverse as its ecology, with a dominance of tribes in the north and more of a peasant-landlord base in the south. At the end of the ninth century CE, the Zaydi sect, known as “Fivers,” was introduced in the north, around the city of Sa’dah, and today represents about 40 percent of the population. This brought in a class of Sayyids, descendants of the Prophet Muhammad, who provided religious and mediation services to the local tribes in return for their protection. Although this group constitutes a branch of Shi‘i Islam, there are few similarities with the Shi‘a, known as “Twelvers,” who dominate Iran. Most of the rest of the country belongs to the Sunni Shafi‘i school, although a small number of Ismailis, known as “Seveners,” are also found in Yemen. Up until the 1980s little sectarian violence occurred between Zaydis and Shafi‘is, but political rivalry could be found among the broad sects.

The conflict between Yemen and its neighbor Saudi Arabia goes back to the founding of the kingdom, which annexed the southwestern Asir region with affinities to Yemen and Najran in the 1930s. The Saudis supported the royalists defending the Zaydi imamate during the protracted civil war in Yemen’s north, but after reconciliation they began providing aid to the impoverished Yemeni republic in the north. By the 1980s, the Saudis’ Wahhabi or Salafi views had filtered into Yemen, demonstrated by the establishment of a Salafi madrasa in the northern town of Dammaj by the Saudi-trained Yemeni cleric Muqbil bin Hadi al-Wadi‘i.  President Saleh tolerated the Salafi presence as a balance against political rivals, including Hussein Badreddin al-Houthi, a Zaydi cleric with Iranian Shi‘i leanings who Saleh ordered killed in 2004. This resulted in a series of internal wars between Saleh and the so-called Houthis, which Qatar provisionally mediated in 2009.

The last three decades have seen the influx of two sects that contribute to the current crisis. One is the Yemeni party known as Islah, modeled after the Muslim Brotherhood in 1990—with Saudi support—as a northern counter to the socialist party in the south. A second is al-Qa‘ida, introduced by several Yemenis returning from service with Osama bin Laden in Afghanistan, and which resulted in the bombing in 2000 of the USS Cole in Aden’s harbor. By 2003, most of the small number of al-Qa‘ida operatives had been rounded up or killed, but several escaped in 2006 and later formed AQAP (al-Qa‘ida in the Arabian Peninsula). Despite a vigorous drone campaign by the United States, this terrorist group has evolved into a more localized movement known as Ansar al-Shariah, which has expanded its area of nominal control since the fall of Saleh. Ironically, both Islah and Ansar al-Shariah are targeted by the Houthis, but the former now control most of Yemen’s south.

The Arab Spring and its Aftermath

In anti-regime protests and demonstrations during 2011, activists and youth played a significant role in many Arab countries. Some of them succeeded in ousting their head of state. Among these, Yemen went through a transitional path unique from Tunisia, Egypt, and Libya, which also saw a leader toppled. In 2011, Tunisia witnessed the exile of its president, Zine el-Abidine Ben Ali, the Egyptian Army announced President Hosni Mubarak’s resignation, and Libya’s Muammar Qaddafi was murdered after a 42-year rule. These three former leaders are now completely out of the political scene. But in Yemen, though President Saleh stepped down, he remains a powerful political actor as the head of the ruling party, the General People's Congress (GPC). Although street demonstrations have called for change, most of the state institutions and military structures remain as they were under Saleh’s regime.

Despite brokering a transitional government for national reconciliation, the GCC and Western countries were deeply concerned about AQAP, or Ansar al-Shariah, because it is these countries that terrorist groups would target if they gain a broader foothold in Yemen. The central government of Yemen almost stopped functioning in 2011, as it became increasingly divided into pro- and anti-Saleh camps. Ansar al-Shariah took advantage of this disorder and expanded its control in many areas, especially the south, where sentiment against Saleh was strong. Saleh had been a valuable ally of the United States on counterterrorism since 2001 and, until 2011, received much U.S. support for containing terrorist elements in Yemen.

Although it was the youth and ordinary citizens that led the protests against Saleh’s regime, it was the GCC that negotiated the transition for Saleh to step down in November 2011 in return for immunity. Among those countries that experienced the Arab Spring uprisings, Yemen was the only one that had a concrete plan for state rebuilding when the president stepped down. This plan was a result of lengthy negotiations between the ruling and opposition parties and involved a special envoy from the United Nations.

According to the agreement, the coalition government, whose cabinet seats were equally shared by the ruling and opposition parties, would implement a two-year plan to be completed with general elections under a new constitution. This transitional process was to be supervised by Abdu Rabbu Mansour Hadi, who had been the vice president under Saleh since the mid-1990s. The transitional government officially kicked off in February 2012, when Hadi was elected as head of state in a single candidate election. Leaving most of the institutions of the Saleh regime in place, the plan was carefully designed to avoid provoking a rapid change that might cause a political vacuum benefiting AQAP or other terrorist groups. The two-year plan was supposed to finish in February 2014, but unfortunately did not, and Yemen today is facing escalated civil strife and a devastating humanitarian crisis.

Operation Decisive Storm and the Houthis

When the original term of the two-year plan came to expire in early 2014, the Hadi government was still concluding a nationwide meeting, the National Dialogue Conference (NDC), to discuss the main framework of a new constitution. Constitution drafting, national votes for it, and general elections under the new constitution were all yet to come. At that point, the transitional government added a one-year extension of the president's tenure, set to expire with a final document of the NDC. The conclusion of the NDC was celebrated, and especially welcomed internationally, but it was necessary for Hadi to remain in office to complete the transitional process. Local reception of the proposed governmental restructuring had critics from all sides, as competing domestic forces demanded more participation in the politics in return for accepting the extension of the presidential term.

The most vocal criticism of the transition process, which was riddled with corruption and economic stagnation, came from the Houthis, also known as Ansar Allah. The Houthis represented a combination of local northern tribes and followers of the Zaydi politician and cleric, Hussein Badreddin al-Houthi, whose assassination in 2004 triggered a series of small wars with Saleh’s military and even a confrontation with the Saudis in 2009. Hussein al-Houthi had lived in Iran and borrowed the anti-American and anti-Israel rhetoric of the regime there; he also admired the founder of Hezbollah. Despite claims by Saleh, there was little direct support from Iran, and the main Houthi objection was local and political. The Houthis, a movement then limited to the north, participated in both the 2011 Arab Spring protests and the NDC negotiation, but they rejected the call for a new six-fold structure of Yemen’s governorates. In September 2014, an alliance of the Houthis and Yemeni military still loyal to Saleh entered Sana'a, gaining support of Yemeni citizens frustrated and dissatisfied with the poor performance of the central government. The indirect takeover of the government was relatively peaceful, although it was clear that there was no strategy to actually form a new government.

In January 2015, a coalition of the Houthis and troops loyal to Saleh took over the presidential palace and residence as well as most ministries. The four-month negotiation ended in failure between Hadi’s government, the Houthis, and Saleh, forcing Hadi to resign. Ironically, the Houthis gave President Hadi political grounds for further extending his tenure even after February 2015, but he was kept under house arrest until he managed to escape in late February to Aden.

In Aden, Hadi reestablished his role as president, and was recognized by Saudi Arabia, the GCC, and the West as the head of the legitimate government. The Houthi-Saleh alliance, with Iran’s moral support and little else, expanded its control into the other major cities, including the southern port of Aden, forcing Hadi to flee to Saudi Arabia a month later. Meanwhile, Ansar al-Shariah, the transformation of al-Qa‘ida in Yemen and an archenemy of the Houthis, expanded its control by creating sympathy with those who wanted secession from the north.

Along with its allies, Saudi Arabia launched an air war on March 26 over Yemen at the request of the Hadi government to “protect Yemen and its people from the continued Houthi aggression and to support it in fighting al-Qa‘ida and ISIS,” as Saudi Ambassador to the United States Adel al-Jubeir announced on March 25. Since that time, the bombs have targeted only the Houthi-Saleh forces, while al-Qa‘ida and ISIS have expanded their control with virtually no resistance. Over six months of bombing has not yet dislodged the Houthi-Saleh alliance from all the areas it controlled at the start of the bombing, with the exception of the recent introduction of Saudi-backed ground troops in Aden. None of the announced ceasefires have been successful, as the bombing has continued virtually nonstop, and all sides remain in stubborn opposition. Critics of the Saudi campaign note that there appears to have been no exit strategy and no clear path to a military victory without a major, and bloody, ground war using outside troops. 

The humanitarian crisis in Yemen has reached the highest stage due to an almost total blockade by air and sea of food and medical supplies. Unofficial estimates place the death toll at over 4,500, with many wounded unable to receive adequate medical treatment. Oxfam estimates that some six million Yemenis are on the brink of starvation, while half of the population is facing a major food crisis in addition to lack of potable water and medical supplies. Several million people have been internally displaced from their homes, especially from Sana‘a and Aden, and the situation is so desperate that some Yemenis have fled to Somalia and Djibouti. According to the UN Office for the Coordination of Humanitarian Affairs (OCHA), 21.1 million people require some form of humanitarian protection or assistance. This figure represents almost 80 percent of the population.

Concluding Remarks

The scenario imagined at the start of this essay has sadly come to rival the sectarian and terrorist violence that has gripped Iraq and Syria. The situation in Yemen is exacerbated by a combination of local political rivalries and the Saudi proxy war. The political rivalries within Yemen are temporary and at times represent Faustian bargains. Although Saleh waged a brutal war on the Houthis, his quest to retain power drove him to ally with them in their takeover of Sana‘a. Without the support of the military still loyal to Saleh, the Houthis would never have left Sa’dah and would have been a minor player. The Houthi opposition to Islah, Yemen’s Muslim Brotherhood, would seem to be something that the Saudis, who had branded the Brotherhood a terrorist group, would favor. Similarly, the Houthi pledge to rid Yemen of al-Qa‘ida or Ansar al-Shariah would also seem to have made them allies of the Saudis and the Americans. The current anti-Houthi sentiment in southern Yemen is clearly not due to the popularity of Hadi, but it has allowed Ansar al-Shariah to expand its control, even in the Hadramawt Province.

It is too early to predict a likely outcome of the current civil war in Yemen, although it is obvious that the country will need a massive influx of development and humanitarian aid once the fighting stops. The Saudi bombing campaign has increased anti-Saudi sentiment in the north exponentially. The secessionist call in the south may make it impossible to reestablish a united Yemen. The sectarian overtones of the present conflict have destroyed centuries of tolerance between the Islamic schools in Yemen, fueled in part by the Saudi promotion of Salafism. Indeed, the Houthi movement started as a counter to the anti-Zaydi influence of the Saudis in northern Yemen. Uprooting the extremist Ansar al-Shariah and ISIS will not be easy, nor is it likely that the political insecurity now entrenched in Yemen will be confined to its borders.

The geopolitical implications of the war in Yemen are ominous. On the one hand, Saudi Arabia, with its new king and young defense minister, is promoting a war that has clear political and sectarian overtones. Given their ability to amass the largest military arsenal on the Arabian Peninsula, and their apparently unlimited funds to promote their conservative brand of Islam, the Saudis’ current proxy war against the Houthis will affect the entire Middle East. The Saudi fear of Iran has even made the Saudis, at least indirectly, partners with Israel on this issue. The destruction of Yemen, on the other hand, has emboldened the Sunni enemies of the Saudis, especially the various al-Qa‘ida groups and their affiliates and ISIS. The bombing campaign, supported by the major Western powers, increases the insecurity and sectarian rhetoric that provide a powerful recruitment tool for regional terrorism.

Meanwhile, Yemen now follows Somalia and Syria as a failed state and breeding ground for future conflict. This is unfortunate, since Yemen had a history of bouncing back from external and internal conflict, including the resolution that ended the 1960s civil war in the north, the promising unification of north and south in 1990, the relatively peaceful Arab Spring protests, and the potential of the NDC. There is no single cause to blame, as all sides have contributed to the continuing violence, propaganda, and inability to put aside differences for the good of the people. When the history of Operation Storm is written, it will have to be rewritten as Divisive Storm, one of the most divisive in the history of the country.

Further Reading

Majed al-Madhaji et al., "The Roles of Regional Actors in Yemen and Opportunities for Peace," Friedrich Ebert Stiftung and Sanaa Center for Strategic Studies, 2015.

Laurent Bonnefoy, Salafism in Yemen (Oxford: Oxford University Press, 2012).

Giorgio Cafiero and Daniel Wagner, “Saudi Arabia and al-Qaeda Unite in Yemen,” Foreign Policy Journal, September 23, 2015, http://www.foreignpolicyjournal.com/2015/09/23/saudi-arabia-and-al-qaeda-unite-in-yemen/.

Gregory Johnsen, The Last Refuge: Yemen, al-Qa‘ida, and the Battle for Arabia (London: Oneworld Publications, 2013).

Helen Lackner, ed. Why Yemen Matters (London: Saqi Books, 2014).

Yezid Sayigh, “Crumbling States: Security Sector Reform in Libya and Yemen,” Carnegie Middle East Center, 2015.

Daniel Martin Varisco, “Dancing on the Heads of Snakes in Yemen,” Society 48, 4 (2011): 301-303.

Brian Whitaker, “Yemen and Saudi Arabia: A Historical Review of Relations,” 2015, http://www.al-bab.com/blog/2015/march/yemen-saudi-relations.htm#sthash…;


イエメンをめぐる宗派対立の危機:「決意の嵐」が生む分裂

ダニエル・M・ヴァリスコ、佐藤寛、川嶋淳司

序言

こんなシナリオを想像してみてほしい。ある半島には7つの国があり、そのうちのひとつは世界でも指折りの高い経済指数(一人当たりの国内総生産)を誇る。一方、別のひとつは非常に貧しく、豊かな近隣諸国からの海外援助でなんとか生き延びている。7つのうち、6つの国は王族が支配する王国だが、その貧しい国家は共和国であり、30年以上にわたる独裁を終えて民主制をなんとか打ち建てようとしている。いずれの国も石油やガスを持っているが、その貧しい国家は収益がもっとも少なく、とても十分な量とは言えない。こうした政治や経済の不均衡に加えて、宗派的な多様性も存在する。上の6つ富裕国のほとんどはスンナ派が主流であるが、その貧しい国には1000年以上もの歴史を持つシーア派に属する住民がかなりいる。6つの富裕国のうち5つは、その貧しい国が「誤った」イスラム教徒であると非難し、空爆を始めた。貧しい国の弱小なインフラ施設、軍事基地、いくつかの学校、礼拝所、歴史的遺跡、一般市民の住宅などが倒壊し、死傷者の数は増え続け、経済は完全に破たんした。それだけでなく、海上封鎖により人道支援物資は困窮する人々のもとへ届かない。

このシナリオは、ここ5カ月というもの現実に進行しており、頭で想像してみる必要はない。この「決意の嵐」(4月21日に終了を宣言し「希望の再生」作戦を新たに展開中)と呼ばれる作戦は、サウジアラビアとほとんどのGCC諸国が米、英、エジプト、ヨルダン、パキスタン、それにいくつかの参加国とともに、イエメンに対して行っているものである。イエメンは、この代理戦争における真の標的であるイランから、多少なりの支援を得ているに過ぎない。この不釣り合いな戦争はどのようにして起こったのだろうか?「ソビエト共産主義vs西側資本主義」という冷戦時のメンタリティーにとって代わるような「スンナvsシーア」という宗派的な分断線がイエメンを戦場に変えてしまったのは、なぜだろうか?この宗派的危機とはいったい何なのか?

イエメンの歴史的背景

現在、内戦状態で混乱を極めているイエメン共和国は、旧北イエメン(イエメン・アラブ共和国)と旧南イエメン(イエメン民主人民共和国)とが1990年5月に統一して誕生した。人口およそ2600万人のうち、数百万人が避難民と化し、数多くの難民も流出している。旧北イエメンでは、1962年にエジプトの支援を受けた共和派が、イマームと呼ばれるザイド派の宗教指導者による王政を倒した。前任の大統領が相次いで暗殺されたのち、サーレハ大佐が国家元首となり、「アラブの春」が起こる2011年まで実権を維持した。アデンを中心とする南イエメンは1839年からイギリスの保護領であったが、1967年に社会主義国として独立を達成した。沿岸の乾燥した熱帯気候やアラビア半島の最高峰を誇る山岳地帯など、イエメンの地理は多様性に富んでおり、政治的にも全体を統一した支配王朝というものは存在しなかった。対岸のジブチまで30kmほどしかないマンダブ海峡は、紅海を経由してスエズ運河へ渡る船舶の交通路であり、そこに位置するイエメンは常に戦略的に重要であった。

自然に劣らず文化も多様である。北部は部族社会であり、南部に行くとより農耕社会の色彩が強まる。9世紀末、「5イマーム派」としても知られるザイド派が旧北イエメンの北部にあるサアダ地域に招かれた。ザイド派は現在のイエメン人口の40%ほどを占める。ザイド派の指導者層には、イスラム教の預言者ムハンマドの家系にさかのぼる特権層がおり、彼らが地元の部族社会に教義や仲介を通じて秩序をもたらす代わりに、部族からの庇護を受けた。ザイド派はシーア派に分類されるも、イランで主流の「12イマーム派」と呼ばれるシーア派の教義とはほとんど類似性がない。イエメンの他の地域はスンナ派(の中のシャーフィイー派)に属している。また、別の少数派としてイスマーイール派の住民もいる。同派は「7イマーム派」とも呼ばれる。80年代ごろまで、宗派に基づく暴力的な政治対立はほとんど存在しなかった。

イエメンと隣国サウジアラビアの紛争は、後者がワッハーブ主義に基づく国家を創設した頃までさかのぼる。サウジが1930年代にアシールとナジュラン地方を併合した時期と重なる。60年代には、ザイド派イマーム王政を支援したサウジだが、内戦の終結後には共和国となったイエメンに対して開発援助を始める。それに並行して、80年代までにはサウジに端を発するワッハーブ・サラフィー的な世界観がイエメンにも流入した。サウジでイスラム学を修めたイエメン人ムクビル・アル=ワーディイー師によるサアダ州でのサラフィー宗教学校の建立などが嚆矢である。サーレハ大統領(当時)はサラフィー運動に寛容な態度を示した。というのも、政治的なライバルへのけん制として利用価値があったからである。ライバルの一人にフセイン・アル=ホーシー師がいた。イランのシーア派教義に傾倒したイエメン人のザイド派宗教指導者である。2004年にフセインが政府軍に殺害されると、数度にわたる武装衝突がホーシー派とサーレハ政権との間で繰り広げられた。2009年にはカタールが一時的な仲介工作を行う。

過去30年間で現在の紛争の遠因となる2つの潮流がイエメンに流れ込んだ。ひとつは、イスラーハと呼ばれるイスラム主義政党で、1990年に旧南イエメンの社会主義政党に対抗するためにサウジの支援を得て設立された。ふたつめは、アル=カーイダである。アフガニスタンでオサマ・ビン・ラディンらと戦地を共にしてイエメンに帰国した分子が結成し、2000年の米艦コール襲撃事件などを起こした。2003年ごろまでには主なアル=カーイダ分子は拘束されるか殺害されるかしたが、2006年に脱獄した一派が後に「アラビア半島のアル=カーイダ」(英語の略称はAQAP)を組織する。米国による無人機攻撃にもかかわらず、AQAPはより土着化した「アンサール・シャリーア」へと変容して、サーレハ政権の退陣後に支配地域を拡大した。皮肉にも、ホーシー派はイスラーハとAQAPのいずれをも攻撃目標としたが、後者は旧南イエメンの多くの地域を支配するに至った。

「アラブの春」とその後

 2011年、アラブ諸国で起こった反体制デモでは、活動家や若者らが重要な役割を担った。これらの諸国のうち、いくつかでは国家元首の交代が実現した。イエメンもその一つであるが、他とは実に異なる方法で元首の交代が行われた。チュニジアでは大統領が事実上の亡命をした。エジプトでは軍が大統領の立ち会いのないまま元首の辞任を宣言した。リビアの元首は42年の統治の末に撲殺された。チュニジア・エジプト・リビアの最高指導者はいずれも政界から完全に消えた。しかし、イエメンにおいては、サーレハ前大統領は退陣の後も有力な政治アクターとして健在であり、与党の党首である。2011年の街頭デモは「変革」を求めたが、サーレハ政権期の国家機構はほとんどそのままに温存されている。

湾岸諸国や欧米は、イエメン国民の融和に向けた移行政権の実現を工作する一方で、AQAP(アンサール・シャリーア)に対して深い懸念を持っていた。それは、これらテロ集団がイエメンで足場を拡大させれば、標的となるのは自分たちであると分かっていたからである。2011年、サーレハ政権の賛否をめぐってイエメンが分裂していく中、政府の機能は停止状態に陥った。AQAP(アンサール・シャリーア)は混乱に乗じて、支配地域を拡大した。特に反サーレハ感情の強い旧南イエメン地域に伸張した。サーレハ前大統領は「テロとの戦い」が始まる2001年より、米国の貴重なパートナーであった。2011年までに多額の対テロ支援を米国から受け取っている。サーレハ政権に反対するデモを率いたのは若者や一般市民であったが、2011年11月に実現したサーレハ大統領の訴追免除つきの退陣を交渉したのは湾岸諸国にほかならない。2011年に大統領が退陣した時点で、その後の国家再建プランも同時に存在した国家はイエメンだけである。この再建プランは、国連特使を交えたイエメン与野党による長い交渉の果実であった。

合意された国家再建の道のりとは、閣僚ポストを与野党で折半した連立政府が再建プランを実施して、新たな憲法に基づく総選挙を2年後に行うというものであった。これを総括するのは、ハーディー大統領である。サーレハ政権下で90年代から副大統領を務めてきた人物である。ハーディーは2012年2月の大統領選に唯一の候補として出馬し、大統領に選ばれた。これが移行政権の正式な発足となる。この国家再建プランは、サーレハ政権期の国家機構をほとんどそのまま温存しつつ、AQAPなどのテロ組織を利する政治空白を生むような急激な変化を避けるよう注意深く設計された。2012年2月から2年後の2014年2月に新しいイエメンは誕生する予定であったが、加熱する内戦と悪化する人道危機が同国を覆っている。

「決意の嵐」作戦とホーシー派

2年間の再建プランが終わりを迎えつつあった2014年初頭は、ハーディー政権は「国民対話会議」と呼ばれる大会合を終えようかというところであった。同会議は、新しい憲法の骨組みを話し合うもので、その後には、新憲法の起草、新憲法案の採否を決する国民投票、新憲法下での選挙の実施がひかえていた。もともとの移行プランが時間切れを迎えようという頃、「国民対話会議」の最終文書がまとめられた。この文書には、残りの再建プランを一年後の2015年2月までに実施することとし、それまで大統領は任期を超えて続投するという決定も書きこまれた。対話会議の閉幕と成果は祝福され、特に国際社会からは大きな歓迎を受けた。それは、残りの移行プラン実施のため、ハーディー大統領の任期延長と続投を伴うものであった。国内の政治勢力は、大統領の任期延長を受け入れる代わりとして、さらなる政府への参加を求めて一斉に批判の声を高めた。

国家再建プロセスがいっこうに経済を立て直せないこと、汚職の蔓延を防げていないことなどを指摘し、政府批判の急先鋒に立ったのがホーシー派にほかならない。ホーシー派は、イスラム教ザイド派の政治家かつ宗教指導者のフセイン・アル=ホーシー師とイエメン北部の部族勢力とを支持基盤としていた。ホーシー師は2004年に政府軍により殺害され、このことが数度にわたるサーレハ政権との軍事衝突に発展した。2009年の武力衝突でホーシー派はサウジアラビアとも交戦している。フセイン・アル=ホーシー師は、イランに滞在した経歴を持ち、そのときにイラン政権の反アメリカ・反イスラエル的な精神に感化され、ヒズボラの創立者に憧れたという。しかし、当時のサーレハ大統領の喧伝にもかかわらず、イランからホーシー派への直接的な支援というものはほとんどなく、ホーシー派の政治目標も地域的かつ政治的なものに限定されていた。イエメン北部の限られた地域勢力に過ぎないホーシー派は、2011年の「アラブの春」で反政府側につき、国民対話会議にも代表団を送った。しかし、彼らはイエメンを6地域に分ける連邦制への移行に反対した。2014年9月、サーレハに近いとされる軍隊と組んだホーシー派は首都サヌアを占拠した。中央政府への国民一般の不満が追い風となった。大事件にもかかわらず比較的穏便に首都はホーシー派の入城を許した。他方、ホーシー派は新たな政府を構築する明確な戦略を持ち合わせていなかった。

2015年1月、ホーシー派と親サーレハの軍隊との同盟は、大統領府や公邸を襲撃し、主要な官庁をも掌握した。前年9月から4ヶ月にわたる交渉は決裂し、ホーシー派の武装蜂起はハーディー大統領らの辞任を招いた。皮肉にも、この一件は、ハーディー大統領が任期延長期限の2015年2月以降も元首ポストに留まる口実の一つを与える結果となった。ハーディー大統領は、ホーシー派により自宅軟禁下に置かれたのち、同年2月に辛くもアデンへ逃れた。その後はアデンで大統領としての足場を固め、正当な政府代表としての認知をサウジなど湾岸諸国や欧米から得た。ホーシー・サーレハ同盟は、イランからのモラル・サポートといくばくかの支援を得て、アデンなどイエメン主要都市を制圧し、約一か月後にはハーディー大統領をサウジに逃亡させるまで進撃した。他方、ホーシー派の宿敵であるアル=カーイダが変容して生まれたアンサール・シャリーアは、旧北イエメンからの分離の気運が高まる旧南イエメンにおいて支配地域を広げた。

2015年3月26日、サウジアラビアは有志連合を組み、イエメンに対する空爆を開始した。前日に駐米サウジ大使が述べるところによれば、同空爆作戦はイエメンのハーディー政権の要請に基づくものであり、その目的は「ホーシー派の侵略からイエメンとその国民を守り、アル=カーイダおよびISILと戦うイエメンを支援する」ものである。実際には対イエメン空爆はホーシー・サーレハ同盟を狙い撃ちにしたもので、アル=カーイダやISILは何の制約も受けずに支配を拡大した。数か月にわたる空爆を経ても、訓練を受けた特殊部隊が派遣されたアデンを除いては、ホーシー・サーレハ同盟は新たな制圧地域から撤退していない。サウジアラビアは、多額の予算を用いて軍備、ミサイル、爆弾を主に米国などから調達している。数度の一時停戦も功を奏することなく、空爆は続き、対立は終息する気配を見せない。サウジ率いる空爆には出口戦略がなく、強力な地上部隊の派兵なくしては明確な軍事的勝利をあげる道のりが見えてこないという批判がある。

空と海を通じた食糧や医薬品の流通がほとんど遮断されている状況において、イエメンの人道状況は最悪を極める。非公式の統計によれば、死者は4000人を超え、これを上回る数の負傷者は適切な治療を受ける環境にない。国際NGOオクスファムは、およそ600万人のイエメン人が飢餓に瀕しており、人口の半分が食糧、水、衣料品の深刻な不足に苦しんでいると報告している。特にサヌアやアデンなど各地で数百万人が家を追われ国内避難民と化し、ソマリアやジブチに避難した者もいる。国連人道問題調整事務所(UN OCHA)によれば、イエメンにおいて2110万人が何らかの支援が必要な状態にある。これはイエメン全人口のおよそ80%に相当する人数である。

結語

冒頭に述べた想像のストーリーは、悲しいことにイラクやシリアの宗派対立やテロの暴力と肩を並べている。イエメンに対する空爆、一時停戦の呼びかけ、国連による和平交渉など当初はメディアに取り上げられたものの、今も続いているイエメン危機はすっかり紙面から抜け落ちてしまった。これは、最近のウィキペディアが暴露したように、サウジによるアラビア語や欧米のメディアを統制しようとする政策が部分的に影響しているかもしれない。しかしながら、イエメン危機に対する沈黙、それに多くのメディアにみられるサウジ寄りの報道姿勢というものは、欧米(特に英米)が兵器市場における上お得意に対して黙認を貫いていることの反映にほかならない。

イエメン国内の政治対立とシーア派的なもの全てに対するサウジの代理戦争こそが、イエメンの情勢を悪化に導いている。60年代のイエメン内戦の際、サウジアラビアはザイド派の王政(イマーム制)を支援した。イエメン内部における闘争は、マキャベリズムに基づく権謀術数の世界である。政治勢力の離合集散は常であり、ときにファウストの悪魔との契約のような結末に陥る。サーレハ前大統領はホーシー派と幾度にわたり武装衝突を経験したが、権力を欲するあまりホーシー派と手を組んでサヌアを占拠した。サーレハ前大統領に近い一部の軍が加勢しなければ、ホーシー派がイエメン北部のサアダ州の外にまで拡大し、ここまで大きな勢力となることはなかっただろう。イエメンのイスラム主義政党イスラーハ(同国のムスリム同胞団)に対するホーシー派の敵対心は、ムスリム同胞団をテロ組織とみなすサウジには好ましいものに映るかもしれない。同様に、アル=カーイダをイエメンから排除するというホーシー派の断固たる決意は、サウジや米国と共通の土台を有している。旧南イエメンでの反ホーシー感情は、ハーディー支持によるものではなく、むしろアンサール・シャリーアがいまやハドラマウトにまで勢力を拡大する背景にさえなっている。

このイエメン危機がどのような結末になるのか予測するのは時期尚早だろう。しかし、戦闘が終わった暁には多額の開発および人道支援が必要になるのは確実だ。空爆がもたらした深刻な被害を考えれば、旧北イエメン地域で反サウジ感情が高まるのは必至である。南部が分離独立を要求し続ければ、イエメンは統一国家の体を保つことが難しくなろう。このイエメン危機がもたらした宗派的言説は、数世紀にわたって異なる宗派間で共有された寛容の精神をむしばんだ。イエメン北部のザイド派に対する逆風こそが、ホーシー派の運動が始まる背景であった。この逆風にはサウジからの支援も一役買っている。アンサール・シャリーアやISILなどの過激派を一掃するのは容易ではない。イエメンの政治不安が国境の内側にのみ留まる保証はどこにもない。

今後に見通せる推移を計算するなら、9月は重要なチェックポイントである。国連総会が開催され、並行してさまざまな会合も執り行われる。国際社会はイエメン危機を見て見ぬふりというわけにはいかないだろう。その解決の糸口は、3つの重要文書の中から見えて来よう。ひとつめは、2014年9月にハーディー大統領とホーシー派らが結んだ「平和・国民パートナーシップ合意」と呼ばれる文書である。これは、ホーシー派が首都サヌアを占拠した後、国連が仲介して成立した和平合意である。国連の潘基文事務総長も声明を発して同合意を歓迎した。ふたつめは、安全保障理事会決議 2216(2015)だ。これはサウジ率いる湾岸諸国が原案作りに携わり、強力に後押しして採択された決議である。非常任理事国のヨルダンがGCC諸国の意向を安保理に伝達する役回りを演じた。同国は2015年末に非常任理事国の任期を終えるが、この後任として安保理入りが目されている国家は日本にほかならない。そして、最も重要なみっつめはイエメン新憲法案である。これはインターネット上に全文公開されている。この憲法案こそが数年にわたる移行プロセスの成果にほかならないのであるから、イエメン危機の現実的な解決は―多少の修正はあるにせよ―この新憲法案を土台としたものでなければならない。

イエメン危機のもつ地勢的な影響は不吉そのものである。新しい国王と若い国防相の率いるサウジアラビアは、スンナvsシーアの対立を高めた。政治的な影響が響いてこよう。サウジの持つアラビア半島最大級の武器調達能力、潤沢な資金、その政治的な綱領による対ホーシー代理戦争は、中東全体に影響を与えるだろう。高まる対イラン脅威認識は、少なくとも間接的に、サウジとイスラエルに共通の戦略的利害を見出させる。他方、イエメンの解体は、スンナ派でありながらサウジの敵であるアル=カーイダ、それにISILを利する結果になる。欧米の支持をも得ている対イエメン空爆は、中東地域のテロ組織が若者を取り込む際の強力なレトリックに用いられ、その結果として地域の不安定性は増えるだろう。

破たん状態にあるソマリアやシリアと同じ道をたどりながら、イエメンは将来的な紛争の火種を撒き続けている。旧北イエメンにおける60年代の内戦、1990年の旧南北イエメン統一、「アラブの春」での比較的に平和的な抗議活動、国民対話会議の試みが持つ和平の可能性―――イエメンは内外の紛争と混乱から何度も復活を遂げてきた歴史がある。現行の混乱をひとつの原因に帰することはできない。暴力やプロパガンダ、人々の善のため小異を捨てきれなかったことは、いずれの政治アクターにも相応の非がある。イエメン空爆という「決意の嵐」は、史上類を見ないほどにイエメンを分裂に追いやっている。

 

【Additional reference in Japanese language】

川嶋淳司「アラビア半島の震源地イエメン」、『中東研究』、中東調査会、vol.523、pp.31-41、2015年

―――「ホーシー派が揺さぶる連邦制国家イエメンへの道」、『中東動向分析』、日本エネルギー経済研究所、2月号、pp.1-14、2015年

佐藤寛「イエメン―平和的政権交代を成功させるために」佐藤寛編『アラブの春とアラビア半島の将来』、アジア経済研究所、pp.1-18、2012年

――――「綱渡りの暫定政権―イエメン―」土屋一樹編『中東地域秩序の行方』、アジア経済研究所、pp.143-167、2013年

松本弘『アラブ諸国の民主化―2011年政変の課題―』山川出版社、2015

 

【Authors】

ダニエル・M・ヴァリスコ

カタール大学教授、米国イエメン研究所所長

佐藤寛

          アジア経済研究所上席主任調査研究員

川嶋淳司

          放送大学非常勤講師、早稲田大学社会科学研究科博士後期